⇒ 無料プログラミングスクールおすすめ3選を比較!ここから選べばOKです。

【健康法】1日1食は痩せすぎるので、自分流1日1.5食始めます。

どうも悠才です。

掲題の通り、1日1.5食生活を始めようと思います。

本音を言うと既に1か月ほど始めていますが、意志が弱い性分なので明文化し自分に強制力をかけようと記事にしました。

健康意識は普通の人と比べるとわりと高いほうですし、去年も少食生活をしてた経験者でもあるので、「これから1日1食を始めよう」「少食生活で健康になりたい」と思っている方の参考になる記事だと思います。

ともに少食ライフを謳歌しましょう!

1日1.5食生活を行うに至った経緯

2015年オーストラリアでワーホリをしている際に、日本の固定化された常識に疑問を持ち始めたのがそもそものきっかけです。

日本の現状や歴史のことを深く考えるようになり、その過程で少食健康法というものを知りました。

生活習慣病の蔓延する現代は、歴史上もっとも人間が動かなくなっている時代だといえます。

そんな現代人の生活に1日3食が本当に必要なのか。

これに関して諸説ありますが、広告戦略の一種で根付いた文化だといわれています。

歴史を紐解くとわかりますが、こういった大衆誘導や利益追求者によって作られた文化が根付き”常識”となっていることは多々あるのです。(事実として)

 

話が長くなるので割愛しますが、そういった思考プロセスをたどって情報の不確実性であったり、能動的な情報収集の大切さを強く感じ、自分なりの意見を持つようになりました。

そしてぼくの意見としては、1日1.5食がぼくにとってベストだろうという答えに行きつき、さぁ実践だ!となったわけです。

 

なぜ1日1.5食なのか

ぼくの健康のバイブルは、西式甲田療法にあります。

▽以下がその書籍です。

西式甲田療法の重要な点を箇条書きでまとめるとこんな感じ。

  • 腸を健康に保つことが大切
  • 摂取より排泄に重きを置く
  • 朝食は抜いて、腸を休ませる

まぁ、ざっくりとですがここが肝の部分だと思います。

 

サンプラザ中野さんをはじめ、多くの方が実践している健康法です。

この本の中には、現代の食生活が悪い理由をはじめ、どのような食事メニューをとれば良いのか、また健康的な体操の方法まで記されています。

 

この西式甲田療法を軸に、他方からの情報・自分の性格や経験をもとに、自分なりに編み出したのが今回の1日1.5食生活です。

ぼくが大事にしているのは、日常的に健康的な食生活を送ること。

週に1回スイーツが食べたくなったら食べますし、誘われたら焼肉だって食べに行きます。

非日常的なことは、ルールでガチガチに縛ることはしません。

その方がQOLが高くなるので。

あくまで人生の大半を占める日常生活を規律するのが重要なポイントだと思っています。

 

なぜ1.5食なのかといいますと、自分の経験から1日1食だと勝手に痩せちゃうので、顔がこけてくるんですよね。(体調はバリバリ良いから自分では気が付かない)

生きていくうえで見た目の印象はすごく大事なので、痩せすぎない程度に少食していこうというスタンスをぼくは取っています。

 

直近1か月の夜ご飯

直近1か月の夜ご飯はこんな感じでした。

オリーブオイルを垂らしたカット野菜とにんじんの漬物、卵とししゃもの炒め物、玄米納豆かけごはんという簡単自炊メニューで生活してました。(にんじんがキノコに変わったりもします)

カット野菜を選んだ理由は単純で、調理が要らず手間がかからないからです。

2年前そのカット野菜の栄養について色々と調べまくっていましたが、そのときは自分の中で大丈夫という結論に達していました。

しかしここにきて、再び三度調べてみるとその栄養素に疑問を持ち始めたのです。

カット野菜はすごく丁寧に洗われてパック詰めされるので、水溶性の栄養素がものすごく抜け落ちていくのだとか。

確かにカット野菜って噛むと水がじわって出てくるんですよね。笑

 

そこから派生し食事について色々と調べていたら、自分の食生活の見直しが必要だなと強く感じました。

そこで、ぼくの食モットーである「健康的、経済的、効率的な食事」を達成するために、メニューの再検討をここ1,2週間しておりました。

かなりダラダラと思案にふけっておりましたが、大枠のルールと食事メニューが決まってきたので下記にて書いていきたいと思います。

 

悠才流1日1.5食生活

ぼくが考えるマイベストな食事内容と、それに対する考え方を記していきたいと思います。

かなり健康的な食生活!とはいえないまでも、そのぶん時間とお金の効率性に優れているので継続しやすいものではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

朝ごはんは無し

まず、朝ごはんは食べません。

朝は摂取ではなく、排泄の時間としており、固形物は口に入れないようにしています。

ここではざっくりと説明しますが、消化には莫大なエネルギーを使います。

ですので1日3食も食べていると胃腸がフル稼働している状態なわけですね。

そうなると脳にエネルギーがうまく回らず、仕事の生産性にも影響してきます。

そういう理由から、胃腸を休めるために朝は抜いています。

▽詳しく知りたい方は以下の書籍を読んでみてください~

 

お昼は果物と黒豆で0.5食

昼は、極力果物だけを腹半分食べるようにしています。

リンゴ1個を丸かじりするか、バナナ2本ほどを口にしています。

お腹が空いてないときは、無理には食べません。

昼は作業や仕事があるので眠くならないように炭水化物の摂取は極力控えています。

最近はフルーツ丸かじりに飽きてきて塩味がほしくなってきたので、アマゾンで黒豆&天然塩を購入しました。

 

黒豆に少量の天然塩を振ってちびちび食べていきたいと思います。

これからは、フルーツと黒豆をうまく回していけたらと考えています。

黒豆を選んだ理由は、最近黒豆のせんべいにすごくハマってしまいドカ食いしてたからです。(口内がかなり荒れました)

▽これです。旨すぎるので、中毒性に要注意!

 

このせんべいをやめるためにもおやつ枠的な感じで黒豆をチョイスしました。

 

【コスト計算】

リンゴ1つ 50円 or バナナ2本 42円 + 黒豆 60円(1か月消費計算)←もしくは黒豆のみ

推定のお昼代は100円前後。

 

夜はバランスよくがっつり食べる。メニューはほとんど固定!

ぼくはかなり優柔不断なので、これを機に食事メニューの固定化を図ることにしました。

毎日悩むのは時間の無駄ですし、疲れるので。

健康的、経済的、効率的な食事を意識して、以下の材料&メニューでいまは落ち着いています。

1、玄米(無洗米)

最近までは玄米を多めに炊いて、冷凍庫に保管しレンチンして数日間食べるって感じでした。

ですが、昔から電子レンジは極力使いたくない派の人なので、玄米を無洗米に変えて毎日炊いていく方針に切り替えました。(レンジを使うと栄養が壊れるので)

水入れてポチっなので毎日できそうですし、予約炊飯すれば帰ってきてすぐ食べられます。

米を食べるなら炊き立てが一番ですよね。

◇1食=44円(スーパー価格2kg 1170円(税込)計算)

 

2、納豆

納豆は毎日食べています。

植物性たんぱく質・ナットウキナーゼをはじめ栄養豊富で、安くて旨い!

ぼくは大粒が好きなので、上記の納豆をよく買います。

買うときは気持ち程度に国産納豆を選びます。

納豆のたれに関してはあまり健康によくないと思いますが、微々たるものなので気にしていません。

◇1食=35円

 

3、卵

卵は、完全栄養食と言われる優秀な食材です。

食べ方としては、卵かけごはんにするか、炒めて卵焼きにします。

おすすめは納豆卵かけ玄米

食べやすいので、さらさらといただけちゃいます。

◇1食=20円

 

4、ししゃも(小魚)

西式甲田療法の甲田先生曰く魚は頭から尻尾まで食べられる小魚を食べたほうがいいとのこと。

一部しか食べられない大型魚と比べて、内臓・皮・骨など丸ごと食べられる小魚のほうが栄養を豊富に摂取できるそうです。

そういうことから、安くて食べ応えのあるししゃもを毎日のように食べています。

食べ方としては、フライパンで焼くだけです。

◇1食=53円(3尾)

 

5、プチトマト

トマトには強い抗酸化作用を持つリコピンが多く含まれているので、老化予防に効果的です。

ぼくの心は十分に少年なので、外見も若々しくなりたいと切に願う次第です。(年上にみられることが多いので)

プチトマトを選んだ理由は、一日分を数量化しやすいからです。

普通のトマトは1つ100円ほどするので、それは少し高いなと。

それを切りわけて1日分とするより、プチトマトで何個ってするほうが楽だなと考えました。

食べ方としては、以下で紹介するブロッコリーとアボカドとともにオリーブオイル&天然塩をかけてサラダにします。

◇1食=68円

 

6、ブロッコリー

ブロッコリーは、ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素を含有する優秀な食材です。

強力な抗酸化作用と解毒作用があるので、体のメンテナンスに最適な食材といえるでしょう。

食べ方としては、ゆでると栄養素が抜けていくようなので、フライパンでサッと炒めて上記のサラダにします。

◇1食=71円

 

7、アボカド

アボカドは、【世界一栄養価の高い果物】としてギネスに認定されるほど栄養豊富な食材です。

また、脂肪分がとても多いので【森のバター】とも呼ばれています。

ビタミンとミネラルを多く含んでいる上に、リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸も併せて摂取できるので、腸内のデトックスや血液サラサラ効果が期待できます。

食べ方としては、生で上記サラダにします。

◇1食=69円

※アボカドのために、以下のアボカドカッターを買いました!(今日届く予定!)

 

こんな感じのメニューでいまは考えています。

朝抜き昼少々だと夜になる頃にはものすごくお腹が空いているので、かの有名な空腹という名のスパイスが作用して、夜ご飯がものすごく美味しく感じられるのが少食生活の良いところ。

もしメニューに飽きてきたとしても、上記食材の一部を変えたりして変化をつけていけばいいと考えています。(アボカド→きのこにしたりなど)

上記食材はトータルで360円ほど。(お昼を入れても500円以内に収まる)

かなり安くて栄養も取れる上に、調理もほとんどいらないということで、現時点でベストな食事だと感じています。

レンジを使うとより簡単で洗い物レスですが、食材の栄養を壊したくないのでぼくはフライパンを使っています。

時短のため魚、卵、ブロッコリーはまとめて一気に炒めます。

 

※仕事上朝をまたぐ夜勤シフトが変則的にあったりするので、そのあたりの調整を今から考えていきたいところ。

 

少食生活するなら筋トレしよう!

普通の人が少食生活をすると、ほぼ間違いなく痩せます。

それ自体はわるいことではないのですが、その過程で筋肉は落ち、顔は痩せこけてしまうかもしれません。

そうなると実生活に悪い影響を与えかねないので、筋トレを普段の生活に取り入れることを強くおすすめします!

経験上、筋トレは健康を促進するのと同時に、自分の筋肉量を減らさないためにも必要だと感じています。

 

ぼく自身は、以下のトイカツ道場という格闘技道場に通っています。(仕事前に1hほど)

トイカツ道場

トイカツ道場を選んだ理由は以下の通り。

  • 朝7時~夜23時まで空いていて、いつ何回来てもOK(年中無休)
  • 店舗がたくさんあり、どこに通ってもOK(ぼくは秋葉原に通っています)
  • 入会金無料で、月謝まるまる2か月無料(月謝は8千円~9千円ほど)

すげぇお得。場所も時間も融通が聞くというのが最大のメリットですよね。

 

また、入会するとトイカツ道場経営者の戸井田カツヤさんの本がタダでもらえます。

プロの格闘家は自分の体をつくるという意味においてもプロフェッショナルな職業なので、本の内容も経験と科学に裏打ちされていてとても参考になりました。

本の内容を詳しくは述べませんが、筋肉を鍛えるとテストステロンという女性を直接的に強く引き付けるホルモンの分泌量が増え、モテるそうです。

健康になるだけでなく、痩せすぎ防止にもなり、ホルモンレベルでモテることも考えると、筋トレをしない理由はないですよね。笑

 

自分なりのベストな食生活を見つけましょう!

世の中の常識に従って、何も考えずに生活をするのはよくありません。

かといって、これが正しいと確実に言えることも世の中には無いのです。

情報とは常に不確実なものです。

1次情報(自分で見たり聞いたりした情報)でも、その人の立ち位置で情報は変わるのです。

戦争を例に考えると、一般国民と戦争を指揮している人たちとでは同じ戦争を体験していても見えている情報が違ってきます。

2次情報(人から見たり聞いたりした情報)なんかは、上記の1次情報の不確実性に加えて、情報提供者のバイアスがかかってきます。

そうこう色々考えると、正しい情報というものはなく、自分なりの意見を持つことがいかに重要かわかるはずです。

そのためにはどうしたらいいのか?それは簡単です。

能動的な情報収集の癖を付け、現状により即している情報を主観的に選ぶのです。

このときに大事なことは、自分はどう思うのかを大事にすること。

例で言うと、ぼくは幽霊はいると思っていて、死後の世界もあると思っています。

それは自分も実際見たことがありますし、幽霊がいないと断定するには世の中の目撃情報があまりにも多過ぎるからです。

こういうと科学的ではないという人がいますが、科学は未発達な分野で完ぺきではありません。

科学で証明できないからという理由で否定するのは、あまりにも傲慢だと思います。

それに加えて、どうせ正しい答えがないのならいると思った方が面白いというのがぼくの意見です。

食事も同様に、その人なりの答えを自分で持つべきなのです。

人生の最高経営責任者は自分自身。

共に、自分なりのベストな食生活を模索していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA