無料で学べる!優良プログラミングスクール3選

ギークリー(Geekly)の評判は最悪?その実態を徹底調査してみた

こんにちは、転職ライターの丹治です。

  • ギークリーの特徴や強み
  • ギークリーのリアルな口コミ・評判
  • ギークリーを使うべきな人

などなど、本記事では読者の皆さんが気になるであろう情報を詳しくまとめています。

丹治

これからギークリーを利用しようか悩んでいる方は是非参考にしてください。

ギークリー(Geekly)の特徴・強み4選

まずは、ギークリーの際立った特徴・強みを4つ紹介していきます。

筆者の経験も織り交ぜながら解説していくので、1つの参考にどうぞ。

1. ギークリーのキャリアコンサルタントはIT業界を熟知している

ギークリーのキャリアコンサルタントはIT業界を3年以上経験しているキャリアの専門家です。

彼らは総合型の転職エージェントとは違いIT/Web/ゲーム業界に精通しているので、企業への適切なアピールに余念がありません。

また、IT業界に特化したキャリアコンサルタントだからこそ、利用者の希望や前職の経験をしっかりとヒアリングし最適な企業とマッチングしてくれます。

IT業界の内情を理解した上で面接対策もバッチリ行ってくれるので、ギークリーのみならずIT専門の転職エージェントは1社以上利用するのがおすすめです。

 

2. ギークリの非公開求人数は10,000件以上

ギークリーは非公開求人数が10,000件以上あり、大手企業やメガベンチャーの求人も多数取り扱っています。

しかし、転職は必ずしもキャリアップを目指すだけではありませんよね。

ギークリーはその人の学歴や職歴、希望を深掘りしてあなたの理想の職場を一緒に考えてくれます。

筆者も就職活動時期は大手志向でしたが、自己分析や面談を繰り返した結果「自分の裁量で仕事が行えて専門スキルを極められる職に就きたい」と思い、転職を決意した経験があります。

ギークリーの面談を通じて、自分のキャリアプランを今一度考えてみると良いでしょう。

 

3. ギークリーはブラック企業を事前に教えてくれる

ギークリーのキャリアコンサルタントの中には、入社しないと分からない現場の情報を提供してくれる方もいます。

これは業界特化型のエージェントとして、企業と深い繋がりがある所以でしょう。

例えば、大企業Aの残業時間は平均20時間未満ですが、ある部署は80時間を超えるなどの、現場がブラックかどうかの情報を事前に知ることが可能です。

筆者は別の転職エージェントを利用していた際に、「この企業は会社評判サイトで評判が悪かったので、応募は避けたい」と伝えたところ、「会社評判サイトは辞めた人が偏った意見を書いているから気にしてはいけない」と一蹴された経験があります。

なぜこのような返答に至るかと言うと、転職エージェントは紹介した転職者の年収の約30%前後を報酬としてもらっているため、自社のサービスから内定を出したいと思っています。

そのため確実なホワイト企業に絞って転職活動をさせるのではなく、なるべく多くの企業に応募してもらうよう働きかけるのです。

ギークリーで求人の紹介を受ける際は、

の全キャリアコンサルタントがブラック企業の情報を教えてくれるかはわかりませんが、利用者に寄り添ったキャリアコンサルタントもいるようですよ。

 

4. ギークリーは業界随一のレスポンスの早さ

転職活動を行っていると、選考結果が気になって他の事が手に付かなくなる人もいますが、ギークリーはレスポンスが非常に早いことで有名です。

筆者は他の転職エージェントを使った際に、担当者が不在のためなかなか面談まで進むことができないという苦い経験をした事があります。

その転職エージェントはメールも一日置きに返ってくるため、テンポ良く転職活動を進めることはできませんでした。

しかし、ギークリーではLINEでやり取りを行うため、面談まで円滑に進めることが可能です。

また、土日祝日や朝から夜まで返信してくれる徹底ぶり。

電話やメールはビジネスマナーの堅苦しさがありますが、LINEなら本音に近い要望を伝えることができますよね。

 

ギークリー(Geekly)の悪い評判・口コミ

ここまでは、ギークリーの強みや特徴に焦点を当てて紹介してきました。

ですが、ギークリーの実態はどうなのでしょうか?

それを確かめるべく、ネット上でギークリーに関する悪い評判を探してみました。

ギークリーの利用を検討されている方は一読することをおすすめします!

内定までのスピードを重視しすぎている

丹治

内定までのスピードを重視するあまり、酷評が目立ちますね。

利用ユーザーに寄り添った転職サポートがあまりできていないのかもしれません。

 

 コミュニケーションに問題あり

丹治

利用者に喧嘩を売る担当者って…かなりやばいですね。

メールの対応しかり、全般的に対応の悪さが目立つようです。

コンサルタントに当たり外れは確実にありそうですね。

 

ギークリーはスピードと数を重視した転職支援を行うあまり、ネット上でかなり酷評が目立ちます。

コンサルタントに当たり外れがあるようなので、利用するときは細心の注意を払う必要があるでしょう。

上記の評判を見ていると、業界経験者や20代の方以外はミスマッチな転職エージェントな気がしますね。

 

ギークリー(Geekly)の良い評判・口コミ

続いては、ギークリーに関する良い評判を集めてみました。

悪い評判と見比べてみて、利用すべきかどうかの判断材料にしてください。

受け身の人は相性が良い

丹治

悪い評判も目立ちますが、親身に対応してくれるキャリアコンサルタントの方もいるようです。

転職活動に関してはしっかりとお尻を叩いてくれるので、受け身の人は相性が良いと感じますね。

 

ITに特化した求人を探しやすい

丹治

IT業界に特化しているだけあって、求人の量や質は申し分なさそうです。

担当者は当たりハズレが大きそうですが、良い担当者に巡り会えればかなり優秀な転職エージェントだと言えるでしょう。

 

ギークリーの出している求人票から思わぬ転職のチャンスが来ることもあります。

メインではなく、サブの転職エージェントとしてギークリーに登録しておくのは結構おすすめかなと。

情報は多く持っていた方が有利なので、IT/Web/ゲーム業界への転職を考えている方は是非利用してみてください。

 

ギークリー(Geekly)を使うべきな人

これまで書いてきた内容を踏まえた上で、ギークリーを使って転職すべき人を紹介していきます。

下記に当てはまる人はギークリーへ登録することをおすすめしますよ。

IT業界でもエンジニア志望ではない人

IT業界特化型の転職サービスは、エンジニア募集に特化しているケースが非常に多いです。

しかし、IT企業の求人数が多いギークリーならWebマーケター、Webディレクターなどの求人も比較的に充実しています。

また、キャリアコンサルタントは業界への造詣も深いため、Webマーケター、Webディレクターなど専門職の業務をしっかり理解し、適切に企業へアピールしてくれます。

その職種でキャリアアップしたり、類似した職種への転職を考えているのなら、ギークリはおすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

 

3ヶ月以内に転職活動を成功させたい人

一般的に、求職者の市場価値が高い期間は退職後3ヶ月までと言われています。

在職中に転職活動を行うのが一番望ましいですが、企業に勤めている人にとってまとまった時間を作るのは簡単なことではありません。

退職後に休職手当の手続きや転職活動などをしていると、あっという間に1ヶ月くらいは過ぎてしまいます。

そんな人におすすめの転職エージェントがギークリーです。

ギークリーはレスポンスが早くガンガン面接を入れてくれるため、転職活動をテンポよく進めることができます。

LINEで担当者と密に連絡を取り合うことができるため、スケジュールも立てやすく、束の間の休職期間を不安なく過ごすことができるはずです。

「一番市場価値が高い状態でベストな就職先を見つけたい」

そう考えると、ギークリは結構おすすめの転職エージェントです。

 

東京23区勤務を希望している人

ギークリーは、東京23区に本社を置くIT/Web/ゲーム業界の企業を中心に求人を取り扱っています。

これはIT専門の転職エージェント全般に言えることですが、地方の求人はほとんどありません。

そのため地方転勤のリスクはかなり低いと言えるでしょう。

私がある企業に勤めている時は、人事異動の際に東京から地方転勤が決まると、東京勤務者はあからさまにテンションが下がっていました。

やはり人は住む場所が変わると生活や仕事に影響が出ます。

その点で同じ場所で働けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

範囲を東京に絞っている分、エージェントの知識も深くなるはずです。

地方にUターン就職を望んでいる方やずっと東京に留まることに抵抗がある方は、IT専門ではなく総合型の大手求人サイトの利用をおすすめします。

 

ブラックな業務形態や安定しない状況から脱却したい人

ギークリーでは、客先常駐の下請けエンジニアから自社勤務エンジニア、デザイン職のアルバイト雇用から正社員Webデザイナーなど、キャリアチェンジに成功している転職者が数多くいます。

転職をサポートしてくれる少数精鋭のキャリアコンサルタント達は、大手やベンチャー、Web業界やゲーム業界など、各々得意な分野が異なるはずです。

自分の要望が叶うキャリアコンサルタントに出会うことは勿論、今回のように絶対に譲れない条件を伝えて置くことは、転職成功の大きな鍵と言えるでしょう。

 

給与や条件より業務内容を優先したい人

ギークリーは、IT/Web/ゲーム業界で働く専門職の方が利用する転職エージェントです。

転職希望者の中には給与を視野に入れつつも、やりたい仕事にチャレンジしたい方も多いはず。

筆者の経験上、転職サイトで業務内容を優先して検索をかけると、前職より給与が下がる傾向にあります。

しかし、ギークリーなら担当者が企業に直接交渉してくれるので、「やりたい仕事だけど給与が低い」という問題を改善できる可能性があります。

「業務内容を優先しつつ、給与も妥協したくない」

そんな方はひとまずギークリーに相談してみることをおすすめします。

 

まとめ:ギークリー(Geekly)はサブの転職エージェントとして利用するぐらいが丁度良い

本記事では、ギークリーの特徴や実態について詳しく解説してきました。

SNS上の口コミを調べてみると、良い評判もある反面、悪い評判もかなり見受けられるので、ギークリー1本の転職活動はおすすめしません。

ギークリーの転職サポートの質は、担当につくキャリアコンサルタントによって大きく左右されると予想されるので、あくまでサブのエージェントとして利用するのが良いでしょう。

IT専門の転職エージェントだと、最大手のレバテックキャリアが1番おすすめです。

これからIT業界で転職を考えている方は、必ず登録してくださいね。

あわせて読みたい
レバテックキャリア【評判】IT業界で転職するなら「レバテックキャリア」は登録必須!おすすめ理由を徹底解説します。

 

IT業界で転職するなら、ワークポートも必ず利用しましょう。

転職人数No.1の圧倒的な実績と業界トップクラスの求人数、業界未経験でも内定獲得可能など、利用しない手はありませんよ。

あわせて読みたい
ワークポート(WORKPORT)ワークポートの評判は最悪?しつこい?実態を徹底調査してみた

 

この記事がIT/Web/ゲーム業界への転職を検討している方の参考になれば嬉しい限りです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA