無料で学べる!優良プログラミングスクール3選

沖縄在住ブロガーが故郷の沖縄を語ります。(家庭料理、観光、移住など)

悠才

どうも、生まれも育ちも沖縄!うちなんちゅの悠才(@yusai0713)です。

現在は、千葉県のど田舎にあるコワーキングスペース「まるも」で、Web系フリーランスとして活動しています。

内地に出ると沖縄に興味を持つ方が結構いらっしゃるので、今回は「うちなんちゅの僕からみた沖縄」というテーマでつらつら書いていきたいと思います。

  • 沖縄の家庭料理に興味がある
  • 沖縄への旅行を考えている
  • 沖縄への移住を検討している

そんな方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

沖縄県民(うちなんちゅ)が考える沖縄ってどういう場所なのか、本記事を通して少しでも感じ取ってくれたら嬉しいです。

追記;2019/06/20

この記事を書いて2年以上が経過しました。

現在は、沖縄県にUターンして相変わらずWebフリーランスとして活動しています。

本記事をきっかけに沖縄に来てくれる人が増えたら嬉しい限りです。

何かわからないことがあれば、気兼ねなく質問してくださいね〜!

うちなんちゅの僕から見た沖縄(天候とか、県民性とか)

沖縄は温度の面ではとてもいいところだなと常々思います。

夏は暑いといっても海に囲まれているため、都会と比べてとりわけ暑いとは思いませんし、 冬は10度前後なので震えるほど寒いということもありません。

内地に比べるとかなり過ごしやすい気温だと思います。   ですが、いかんせん雨が多い。 夏場は台風もよく来ますので、快晴の日なんてあまり見たことがありません。

▼下のサイトに飛ぶとわかりますが、

http://grading.jpn.org/SRB02301.html http://grading.jpn.org/SRB02402.html

沖縄の年間快晴日数は全国ワースト7日

年間降水量は全国5位とかなり高い位置にあります。

気候が亜熱帯気候なのでこういう結果なのも頷けますが・・・ なので、沖縄で快晴に出くわすと結構テンションが上がるものです。

また、雨が多いせいかわかりませんが沖縄の人はあまり傘を差しません

かくいう私も全然傘を差しませんし、多少の雨は濡れてもいいものだと思っています。

たぶん僕の場合、傘を差さないというよりは傘をさすのがめんどくさいのと、 傘を今まで沢山失くしてきたことがあって、これ以上傘を買いたくないという稚拙な考えがあるからだと思います。

 

沖縄の人はお酒が強いとか言われますが、僕個人的には強いとは思いません

実際、僕の家族はお酒が弱いですし、僕もお酒嫌いで強くもありません。

周りの友達もすぐつぶれます。

なので、沖縄出身の人がお酒が強いというのは一般的には当てはまらないと思います。

離島の人はわからんけど。

僕の経験的に韓国人はかなりお酒に強いです。もう恐怖するぐらい。

韓国人にお酒で勝負を挑むのは分が悪いのでやめた方がいいですよ。笑 (挑んでぼっこぼっこにやられました。笑)

 

沖縄の人はルーズだよねとよく言われますが、それに関しては正しいと思います。

沖縄に行かれた経験のある方はわかると思いますが、あそこって時間がゆっくり流れてる感じがするんですよ。

そこで育った沖縄人ものんびり屋さんが多くて、集合時間に人が揃わないってことは日常茶飯事です。

僕に関してはその沖縄の中でもとりわけルーズな方で、小学生の時は遅刻王と呼ばれてました。

面白いのが僕の妹はその2倍遅刻していたことです。

完全に遺伝か、家庭環境が影響してますよねこれ。笑

余談ですが、僕の最高遅刻時間は5時間です。(寝坊してない、原付移動なのに)

僕の目から見たらそれほど沖縄の人はルーズじゃないと思いますよ。笑

 

僕が大好きな沖縄の家庭料理4選!味良し、コスパ良し!

沖縄料理に代表されるゴーヤーチャンプルや沖縄そば、サーターアンダギー、ちんすこうなどの有名どころ以外にも沖縄料理で美味しい料理はたくさんあります。

僕が個人的に好きなのは、ジューシー中味汁にんじんしりしりそうめんチャンプルーです。

ジューシーは沖縄風炊き込みごはんみたいなもので、ひじきや豚肉が入っています。

沖縄ではどこでも売っていますし、沖縄の人も頻繁に食べている美味~な料理です。

 

 

 

 

 

出典:http://coop-recipe.jp

 

中味汁は豚のモツが入った汁物で、一緒にシイタケとこんにゃくが入っています。

鰹節の出汁ベースのあっさりとした味付けに、生姜のアクセントが効いていてかなりうまいです。

僕個人的には沖縄で一番好きな汁物料理です。

出典:http://agije.com

 

にんじんしりしりは比較的に有名なのではないでしょうか?

にんじんの甘味がこれほど生かされた料理は他に無いと僕は思っています。

卵とにんじんを炒めるだけで完成するので、手軽に作れるおすすめ料理です!

出典:https://cookpad.com

 

最後はそうめんチャンプルー。

そうめんは皆さん食べると思いますが、炒めることはあまりしないようですね。

そうめんチャンプルーを作ろうとそうめんを炒めていたら、何してんの?みたいな顔で見られたことが何度かあります。

そうめんをシーチキンとにんじん、玉ねぎで炒め、上からねぎを振りかけるシンプルな料理。

これも沖縄ならどこでも売ってますし、値段も安いので是非一度食べてみてください。(味は見た目通りです)

※チャンプルーとは炒める、混ぜるみたいなニュアンスがあるので、~チャンプルーという料理を見かけたら~が入った炒め物といった解釈で大丈夫です。

例)ふーチャンプルー(麩が入ってる)、豆腐チャンプルー(豆腐が入ってる)

今回は僕の大好きな4品しか紹介しませんでしたが、沖縄料理は沢山の種類があるので色々調べてみると面白いのかもしれません。

▼下のサイトで沖縄料理の美味しいお店がすぐに見つけられますよ~。

http://rikkadokka.com/special/0003/01/

 

沖縄で観光するなら北部か離島がおすすめ!

沖縄って海綺麗だよねーってよく言われるのですが、 正直あんまり綺麗だとは思いません。

特に那覇空港近く、奥武山公園前とかはかなり汚いです.。

海がきれいで観光業が成り立っていると言っても過言ではないのに、なぜそこが汚いのか?っていつも思います。

沖縄に降り立って一番最初に見る海が汚いって何か嫌じゃないですか。

僕が思うに内地の人が思い描いている沖縄って、 サトウキビがあって、森があって、シーサーが乗っている赤瓦屋根の木造住宅があって、海面にサンゴが映っている。

そんな沖縄なんじゃないかなと思います。

それなら那覇から離れた北部か、離島に行くのがベストだと思います。

沖縄は名護を超えたあたりから海が格段に綺麗になります

離島は行ったことないですが、友達の話を聞くと海がかなり綺麗みたいで本島の海とは比べ物にならないレベルだとか。

自然って基本的に人間が壊してしまうものなので、その人間の数が少ないところの海が綺麗なのは当然だよねって話です。

北部はあまり人がいませんし、国頭まで行くと街頭すらついてないところもチラホラ。

移動が少々不便ですが、せっかく沖縄に来たのなら北部まで足を延ばさないと損だと思いますよ。

また、個人的におすすめの場所は北部の大宜味村にあるター滝というパワースポットです。

出典:http://tida-square.co.jp

やんばるの森の中にあるのですが、自然に囲まれててマイナスイオンを全身で感じることができます。

僕も一度だけ行ったことあるのですが、滝の上で日向ぼっこするのがものすごく気持ちよかったのを覚えています。

また、至る所で飛び込みもできるのでアクティビティという面でもかなり面白い。

沖縄の人にも大人気の場所なので、是非とも寄ってほしいおすすめスポットですね。

▼沖縄への旅行を考えているのなら、下記サイトが参考になるかと。

http://www.jtrip.co.jp/magazine/okinawa/course/16412/

 

沖縄への移住に関して

自然のある沖縄でのんびり暮らしたいと思っている内地の方は多いのではないでしょうか?

実際、沖縄にある観光名所「国際通り」のお店の店員は内地の人(ないちゃー)しかいないとよく言われます。

ですが、沖縄と言えば最低時給が一番低い県としても有名です。

▼下のリンクから確認できます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

その上、物価が東京などの都市部と比較してもそれ程変わらないので、生活していくのが大変というのが実情のようです。

那覇で小さな居酒屋を営んでいる小綺麗なおばあちゃんに聞きましたが、内地から移住してきた人が生活苦により内地に出戻ることがよくあるそうです。

僕自身、沖縄の給料の低さにはほとほと困っていて、大学1年生の時はTSUTAYAで時給642円で働いていました。

それでも10万円ぐらいは稼いでいましたが、東京とかで働いた方が絶対効率良いよなーって常に思っていたし、貯金するのも一苦労でした。

僕自身、沖縄の気温や雰囲気は好きなのですが、こういった経済的な側面が大嫌いなのです。

大学を2回休学したのも、そういう沖縄から飛び出して他の地域を見たい。

他のところに移住したいという欲求が強かったからなのかもしれません。

しかし、内地に出てみて沖縄の良さというものを強く感じるようになりました。

それは人柄とか料理が美味しいとかそういうものではなく、自分の過去の記憶みたいなものが沖縄を欲しているんですよね。

あそこの公園どうなったかなとか。小さいころあそこで野球やったよなーとか。

そういう懐かしい感情がこみあげてくるんですよ。皆さんもそうかと思いますが。

話が脱線してしまったので戻すと、 沖縄に移住するのは経済的に大変な面があるということです。

しかし安い給料でも日々の生活コストを抑えればいいわけなので、例えば家賃が安いところに住むとか、格安SIMとポケットWifiで通信費を下げるとか、外食をなるべくしないとか、そういった工夫次第で全然沖縄ライフをエンジョイできると思います。

家賃が3万円以下のところもザラにあるので、選り好みしなければアルバイトでも生活していけると思います。

また、沖縄は海に囲まれているので右か左に少し行けば海が現れます

沖縄に住んでいるときはその重要性に気づきませんでしたが、それってかなり嬉しいことですよね。

常に大自然に触れられる環境。

沖縄に住めば海は日常になるので、そういった部分の魅力はかなり大きいのかもしれません。

そういった意味では経済的な問題はありますが、沖縄への移住も中々良いものだと私は思います。

▼沖縄への移住を考えているなら、下記サイトが参考になると思いますよ。

https://okinawa-iju.jp/

 

沖縄県民(うちなんちゅ)なのに、沖縄のこと全然知らないな

今回のブログもそうですが、いざ沖縄のことを話そうとすると自分がいかに故郷のことを知らないのかを強く実感します。

内地の方に言われても分からないことや場所が多くあったりして、自分の故郷のことを語れないのはかなり損をしているなーと最近強く感じます。

ましてや僕は顔が薄く沖縄の人には全然見えない外見をしているので、せっかくの沖縄出身というドメインパワーをうまく扱えていません。

顔は変えられないにしても、自分の故郷のことぐらいは語れるようになりたいですね。

沖縄に帰ったら観光名所でも巡ろうかな。。。

補足事項

6月23日は沖縄の終戦記念日です。

あの残酷な悲劇をまた繰り返さないためにも沖縄県出身者だけでなく、全国の国民が6月23日という日を胸に刻んで日々を過ごしてほしいと切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA