【これだけ】無料プログラミングスクールおすすめ3選を解説するよ

【おすすめ】ニートがバイトするならリゾートバイトが1番おすすめです!

ニートから抜け出したいと思いながら、ダラダラと過ごして変わらない毎日。

「明日から本気出す」「今度こそニートをやめて仕事する」など受け身の状態で意識だけ変えようとしても何も変わりません。

人間に1番効果をもたらすのは環境の変化です。

環境を変化させることで自然と時間配分や人間関係も変化します。

ニートから大きく環境を変えるには就職やアルバイトがおすすめですが、いきなり就職を目指すのはハードルが高く、負担も大きいでしょう。

 

まずはアルバイトから始めるのがおすすめですが、その中でもリゾートバイトが特におすすめです!

  • おすすめする5つの理由
  • おすすめの業務
  • 3つの注意点

紹介する上記のポイントを意識すれば初めてのリゾートバイトで失敗することはないでしょう。

この記事を参考に思い切ってリゾートバイトで環境を変えてみてください。

⇒ リゾートバイトを探してみる!

リゾートバイトをおすすめする5つの理由

1.初期費用なし

リゾートバイトは住み込みで働くことになります。

期間中の家賃や水道光熱費が無料になる場所がほとんど。

場所によっては食費まで補助してくれることもあります。

固定費が無料になるため初期費用は0円。

手っ取り早く環境を変えられる上に給料のほとんどを貯金することができます。

親や近所の人など知り合いに会う可能性がないので、冷たい視線に悩まされることもありません。

 

2.短期バイトだから人間関係の悩みが少ない

 

リゾートバイトは最短1週間から募集しており、長くても1ヶ月~3ヶ月ほどの短期バイトです。

長期バイトだと職場の人間関係で悩むこともありますが、短期間で終了するので人間関係で悩むことが少ないのがポイント。

余計な悩みを増やさずに仕事に専念することができます。

 

3.高時給なので短期間で稼げる

リゾートバイトの多くが時給1000円以上。1500円以上の高時給の場所も珍しくありません。

しかも初期費用0円で住み込みなのでお金の使い道が少なく、稼げば稼ぐほど貯金が増えていきます。

2ヶ月間で40万円~50万円稼ぐことも珍しくありません。

会社員に負けず劣らずの金額を楽しみながら稼げるのがポイントです!

半年間リゾートバイトで働いて、残りの半年間は悠々自適な暮らしをするというのも夢ではありませんよ。

 

4.ニートでも働くことができる

空白期間の多いニート。通常のアルバイトでは空白期間を理由に面接で落とされてしまうでしょう。

しかし、リゾートバイトは空白期間があっても大丈夫。

登録した派遣会社から求人を紹介されて働くことになるので、雇用主との面接はありません

経歴や資格が問われることもなく、20代~40代と幅広い年代のニートやフリーターがリゾートバイトを利用しています。

実際にリゾートバイトに行ってみたら、自分よりも年上のニートが働いていたという状況も珍しくありません。

 

5.途中で辞退することができる

覚悟を決めてリゾートバイトに来たけれど、自分に合わずに我慢の限界なんてことも。

住み込みのバイトだからといってボロボロになるまで我慢して働く必要はありません。

最終手段として途中辞退という選択肢があることを覚えておきましょう。

ただ、交通費が支給されなかったり、今後仕事を紹介してもらえなかったりする場合もあるので注意してください。

最悪の場合、途中辞退できるという事実を知っているだけでも、リゾートバイトに対するハードルが下がるのではないでしょうか。

 

ニートにおすすめしたい4つの業務

リゾートバイトと聞くと、接客業ばかりでコミュニケーション能力が求められるイメージがあり、ニートがいきなりこなすのは厳しいでしょう。

しかし、リゾートバイトが接客業ばかりではありません。ニートや接客業が苦手な人に人気の裏方の業務もあります。

 

1.清掃スタッフ

ホテルや旅館で募集されることの多い清掃スタッフ。

利用客のいない時間帯に部屋の掃除をするなど裏方業務なので、直接接客することはありません。

コミュニケーション能力よりも効率が求められます。

業務内容も同じことを繰り返すので、難しくて仕事を覚えられないという心配もありません。

 

2.キッチンの皿洗い

その名の通り、キッチン内で皿洗いをする仕事。

キッチン内で完結する業務なので、基本的にお客さんの前に出ることはありません。

使用済みのお皿を洗う単純作業で、1人で黙々と仕事をこなしたい人におすすめです。

キッチン内の掃除やゴミ捨てなど他の業務を任されることもあります。

 

3.調理補助

料理人のアシスタントとして、お客さんに提供する料理の簡単な盛り付けや仕上げを担当する仕事です。

ホテルや旅館では同じメニューを大量に作ることが多いので、料理経験がなくてもこなすことができます。

皿洗いやゴミ捨てを兼任することも。

 

4.ホールスタッフ

ホールスタッフは紹介する4つの中で唯一の接客業です。

接客業が苦手な人にも人気なのが、バイキングやビュッフェスタイルのレストランのホールスタッフ。

バイキングやビュッフェなのでお客さんからメニューを取ることはなく、基本的な業務は料理の補充や片付け。

メニューを取るとしてもアルコールなど簡単なものだけなので、覚えられないということはないでしょう。

高いコミュニケーション能力が求められる接客業は難しいけど、接客業で人との会話に慣れておきたい人におすすめです。

⇒ リゾートバイトを探してみる!

 

リゾートバイトの注意点

簡単な裏方業務で高時給とメリットの多いリゾートバイト。

しかし、メリットばかりではなく注意点もあります。

注意点を頭に入れてリゾートバイトに行かないと余計なストレスや負担に悩まされることに。

人間関係に不安がある人は特に慎重に働く場所を選択しましょう。

リゾートバイトを始める上で意識したい注意点は以下の通りです。

 

1.泊まる場所は個室か相部屋か

短期バイトであっても環境の変化は少なからずストレスになり、相部屋であれば尚更ストレスが溜まるでしょう。

相部屋の人のいびきや歯ぎしり、寝言に悩まされるかもしれません。部屋を掃除してくれない場合、汚れた部屋がストレスになることも。

相部屋が原因でストレスと抱え、途中で辞めてしまう人も少なくありません。

仕事以外のストレスや負担を増やしたくない人は個室完備の場所がおすすめです。

個室完備であっても洗濯機やキッチン、トイレや風呂が共同になることもあるので、完全個室を希望する人はワンルームマンションタイプの宿泊先を選択しましょう。

 

2.繁忙期は避ける

ニートがリゾートバイトをするなら避けたい時期は繁忙期。

繁忙期は業務量が増えて激務になるので、仕事に慣れていないニートがいきなり働くのは難しいでしょう。

最初はお盆やゴールデンウィーク、年末年始を避けるのがおすすめです。

 

3.学生スタッフが多い時期や場所を避ける

長期休暇中にリゾートバイトをする学生も多く、友達と一緒に働く人も少なくありません。

学生同士は打ち解けるのも早く、疎外感からストレスを感じることも。

学生の長期休暇が重なる以下の時期は避けた方が良いでしょう。

  • 春休み:2月上旬~4月下旬
  • 夏休み:8月上旬~9月下旬
  • 冬休み:12月下旬~1月上旬

 

春休みや夏休みは沖縄や離島など暖かい地域、冬休みはスキー場のリゾートバイトに学生が多く集まる傾向に。

雇用先も学生を大量に募集するため、友達同士でリゾートバイトしている可能性も高くなります。

学生が少ないのは温泉地の旅館やホテル

風情を求めて来る人が多く、学生の数は多くありません。

学生がいても物静かな人が多い傾向にあるため、ワイワイした学生が苦手な人でも問題ないでしょう。

温泉地でのリゾートバイトは、無料で温泉に入れる場所もあるのでおすすめです。

 

注意点さえ意識すればメリットしかないリゾートバイト

個室と相部屋は好みの問題なので、本当に注意すべきなのは繁忙期学生の多い場所

それさえ避ければ、初期費用0円で高時給、業務内容も単純とメリットばかり。

リゾート地を転々としながらお金を稼ぐことも不可能ではありません。

働き方次第では就職するより稼げてしまうこともザラにあります!

 

ニートから抜け出すための環境づくりとしてリゾートバイトを始めてみると良いのではないでしょうか?

⇒ おすすめのリゾートバイトはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA