【これだけ】無料プログラミングスクールおすすめ3選を解説するよ

未経験からブロックチェーンエンジニアへ転職!BLOCKCHAIN Code Camp が1番おすすめです。【口コミ・評判】

BLOCKCHAIN Code Camp

想定読者

最近話題のブロックチェーンに興味があるけど、なんか難しそう…。

勉強するならブロックチェーンエンジニアも目指したいけど、未経験からでもなれるのかな?

本記事では、このような疑問を持っている方に向けて

  • ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル感
  • 未経験からでもブロックチェーンエンジニアになれる理由
  • BLOCKCHAIN Code Campをおすすめする理由と、世間のリアルな評判・口コミ

などを徹底調査し、わかりやすくまとめていきます。

記事の結論を先に伝えておくと、

未経験からブロックチェーンエンジニアを目指す人は、BLOCKCHAIN Code Camp が最強におすすめです。

興味がある方は、無料カウンセリングをぜひ受けてみてくださいね〜!

丹治

記事の後半にBLOCKCHAIN Code Campの口コミや評判をまとめているので、ぜひ最後まで読んでいってください。

管理人

先程、BLOCKCHAIN Code Campの無料カウンセリングに申し込んでみました!

その内容とかもこちらに追記していくので、楽しみにしててくださいね。

追記:2019/10/19

今日、無料カウンセリングを受けてきました!

  • BLOCKCHAIN Code Campの強みやこだわり、他校との圧倒的な違いは
  • 近年のブロックチェーンエンジニア需要の伸び率、未経験からの求人状況
  • 自分にあったカリキュラムの提案、DApps開発でどのようなものが作れるようになるのか

などなど、めちゃくちゃ勉強になりました!(まじで有益だった…)

 

「このスクールは絶対に受けた方が良い」と感じたので、先程申し込みを済ませてきました!

今年の12月中盤からブロックチェーンエンジニアを目指して学習を始めていこうと思います。

悠才

カウンセリングの内容や受講を決めた理由などは、下記で詳しく解説しています。

気になる方は目次から飛んで確認してくださいね!

BLOCKCHAIN Code Campに無料相談する
BLOCKCHAIN Code Camp

ブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーンとは、平たく言えば仮想通貨の取引データに関する管理技術のことです。

そして、ブロックチェーンエンジニアには2種類の活躍できる領域があります。

  • ブロックチェーンの開発や研究を行うエンジニア
  • ブロックチェーンを活用してシステムやアプリケーションを開発するエンジニア

需要は圧倒的に後者の方が勝っているのが現状です。

理由はブロックチェーンを最初から開発するより、既存のブロックチェーンを活用する方が効率が良いから。

未経験者OK求人にも必須条件として、ブロックチェーン技術を使いこなせることが前提条件となっています。

 

ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

では、ブロックチェーンを使いこなすためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

身につけるべきスキルの順番で紹介していきますね。

ブロックチェーンの基礎知識を習得する

先程話した通り、ブロックチェーンは仮想通貨の取引データに関する管理技術です。

仮想通貨の残高管理方法には、UTXOモデルアカウントモデルの2種類のトランザクションがあります。

「トランザクション」とは取引データのことで、そのトランザクションをまとめて「ブロック」と呼びます。

そのブロックを鎖のようにつなげて保存したのが、ブロックチェーンなんです。

UTXOモデルのトランザクションは、仮想通貨大手のビットコインで使用されており、取引データのみが管理される仕組みとなっています。

残高を計算する際は、ブロックチェーンを通して、全ての取引データの中のUTXOを計算します。

アカウントモデルのトランザクションは、仮想通貨のイーサリアムで使用され、アカウント残高をそのままデータとして管理する仕様になっています。

 

このように初めは細切れの知識だけで良いので、ブロックチェーン技術の仕組みを理解する必要があります。

筆者も前職では、仕事の流れより先に現場の技術を見ることが多く、初めは理解できないことも多々ありました。

しかし、結果的に点と点の知識が線になって理解できる時が来るので、まずは形にこだわらず、知識をインプットしていきましょう。

 

共通言語を習得する

ブロックチェーンエンジニアが使う言語は、担当する分野によって異なりますが、主にC++、JavaScript、Solidityが使われているようです。

ビットコイン、ビットキャッシュ、ライトコインの本体を研究開発する場合はC++の技術が必要になります。

ブロックチェーンのライブラリに関わりたいなら、JavaScriptを覚えるべきでしょう。

なぜなら、仮想通貨のトランザクションやアドレス生成処理はJavaScriptで実装されていることが多いからです。

イーサリアムでDAppsを使ったスマートコントラクトを開発するなら、Solidityの習得が必要になってきます。

以上のように「自分はどの分野のブロックチェーンエンジニアになりたいのか」、それをしっかりとリサーチしてからスキル習得に励みましょう。

 

ノード構築の知識を習得する

ノードとは、リンク同士に結び付けられている接続ポイントのことです。

分散型管理システムは、ノードをつなげて関係者を管理しています。

 

スマートコントラクトの知識を習得する

スマートコントラクトとは、契約の自動化技術です。

契約条件の確認から履行までを自動実行が可能になっています。

取引の仲介者が必要なくなるため、コスト削減・不正防止に役立ちます。

 

未経験からでもブロックチェーンエンジニアの需要はある

ブロックチェーンエンジニアは専門的な技術を必要とする職種ですが、未経験からの転職チャンスが大いにあります。

その理由を説明していきましょう。

外資系企業でもブロックチェーン技術を取り入れている

ここ数年でブロックチェーン技術を取り入れる企業が一気に増えています。

国内より海外の需要が高く、外資系企業も絶賛中途採用中です。

日系企業では転職回数が3回以上だと、面接で不利に働くことが多いかもしれません。

しかし、外資系企業ならキャリアが一貫していたり、実力があれば転職回数に関係なく評価してくれます。

転職を狙うなら外資系企業で一発逆転のキャリアアップも検討材料に入れておきましょう。

 

ブロックチェーンエンジニアの人手が足りていない

単純にブロックチェーンエンジニアの数が少ないことも、未経験者の需要が高い要因の一つです。

発展途上のシステムなので、経験者を見つけるのが困難なため、ポテンシャル採用で未経験者を雇う必要が出てくるのです。

企業はエンジニア数を増やして、競合他社より先に新規プロジェクトに取り組みたいと考えているので。

ブロックチェーン未経験者がいち早くプロジェクトの一員になるために、教育と採用を重視しています。

筆者の前職は利益が右肩上がりの企業だったため、採用数が多く、教育体制も習うより慣れろの精神が強めでした。

その影響もあって、営業成績のトップは3年目の社員が取るなど、若手の対等が著しい面がありました。

未経験者が実力者になるには、早めに実践を積める環境が必要です。

未経験からブロックチェーンエンジニアになることができれば、早期から結果を出して、昇給・昇進も狙い安いと思います。

 

新技術の登場により、常に勉強が必要になる

ブロックチェーンは頻繁に新技術が登場するため、現役のエンジニアも常に学ぶ姿勢が大切です。

未経験者の方は経験者に比べて余計な知識がないため、新技術を早く飲み込むことができ、企業としても育成しやすいのが本音でしょう。

育成しながら開発が可能なため、ブロックチェーン未経験者でも需要はそれなりにあります。

 

ブロックチェーンの学習に「BLOCKCHAIN Code Camp」をおすすめする3つの理由

ブロックチェーンエンジニアに必要なスキルを身につけたいなら、BLOCKCHAIN Code Campに通うことをおすすめします。

ここではその理由を3つ紹介していきましょう。

1. ブロックチェーンのアプリが開発できるようになる

BLOCKCHAIN Code Campでは、HTML、CSS、JavaScript、Solidityの基礎学習と実装を学ぶことができます。

座学だけではなく実際にアプリ開発を通して、ブロックチェーンエンジニアに必要な技術を習得することができます。

業種は違いますが、筆者もフリーのライターになる際は1ヶ月間のIT講座に通いました。

講座は座学より実際に記事を書くことがメインになっており、午前中にインプットしたことを午後にアウトプットする形式でした。

知識を蓄えるだけでなく、実際に打席に立つことで成長が早まります。

BLOCKCHAIN Code Campでもアウトプットが重視されているため、受講後のスキル習得率は高いと言えるでしょう。

 

2. 現役エンジニアの講義をいつでもどこでもオンライン受講が可能

現役のブロックチェーンエンジニアが講師としてスキルを伝授してくれます。

オンライン完結型のプログラミングスクールのため、どこに住んでいても交通費はかかりません。

オンラインだと心配なのが、「講義についていけるか」や「やる気が持続するか」などメンタル的な問題が付いて回ります。

しかし、BLOCKCHAIN Code Campでは個人個人にメンターがついています。

メンターは目標達成に向けて、学習の進捗管理や課題のフィードバック、疑問の解消など、あなたが挫折しないようにサポートを行なってくれます。

前述した筆者の通っていた講座にもメンター制度がありましたが、メンターはスキル面でもメンタル面でもしっかり支えてくれる重要な役目です。

こちらがお金を払って受講している側ですから、疑問点や不安なことがあれば、遠慮なく頼っていきましょう。

 

3. 受講後の就職・転職支援が手厚い

BLOCKCHAIN Code Campを受講した後は、ブロックチェーンエンジニアとして転職経験があるキャリアアドバイザーがエージェント形式で就職・転職をサポートしてくれます。

提供先には名だたる大企業や有名企業も多いので、未経験からでもブロックチェーンエンジニアとしてキャリアアップすることが可能となっています。

 

「BLOCKCHAIN Code Camp」のコース一覧表

BLOCKCHAIN Code Campで受講できるコースは以下の通りです。

一覧表示でわかりやすくしているので、ぜひ参考にしてください!

コース名 料金 期間 言語 ツール 作れるようになるもの
WEB+ブロックチェーンアプリケーションコース 300,000円(税込) 4ヶ月 HTML
CSS
JavaScript
Ruby
Ruby on Rails
Solidity
MySQL
Remix
Truffle
Ganache
MetaMask
OpenZeppelin
Git
GitHub
ERC20,721トークン
ERC20,721対応Ethereum Wallet
Ethereum DApps
Webアプリケーション
Webサイト
ブロックチェーンアプリケーションコース 200,000円(税込) 2ヶ月 Solidity Remix
MetaMask
OpenZeppelin
Truffle
Ganache
ERC20,721トークン
ERC20,721対応Ethereum Wallet
Ethereum DApps

 

「BLOCKCHAIN Code Camp」のリアルな評判・口コミ

ツイッターを使って、BLOCKCHAIN Code Campに対する評判・口コミを調べてみました。

丹治

講義と実際に手を動かす演習が組まれていることによって、初歩的な段階から成長を感じることができます。

学習のモチベーションの維持やスキルアップに良い効果が出てくるでしょう。

 

丹治

BLOCKCHAIN Code Campは無料相談も行なっています。

信頼できるスタッフが即レスしてくれるため、受講のタイミングを逃すことはありませんね。

 

丹治

現役でトップのコードチェーンエンジニアの講義は好評です。

メンター制度のおかげで誰もが挫折することなく、スキルを習得できます。

 

BLOCKCHAIN Code Camp のネット上の評判はかなり良いです。

運営陣のレスポンスや指導力も高く、スキルをつけるにはうってつけのプログラミングスクールといえるでしょう。

 

追記:「BLOCKCHAIN Code Camp」の無料カウンセリングを受けてきたよ!

記事の序盤でも軽く触れましたが、BLOCKCHAIN Code Campの無料カウンセリングを受けてきました!

面談時間は30分の予定だったのに、自分が無駄に喋りすぎたせいで1時間半に…。笑

面談の担当者さん、本当に申し訳ございませんでした。m(_ _)m

 

で、無料カウンセリングの感想ですが、単刀直入に言うとめちゃくちゃよかったです。

担当者さんが親身になって対応してくれたのもそうですが、「ブロックチェーンの業界が本当にアツい」という気づきを得たことが個人的にはすごく大きかったです。

BLOCKCHAIN Code Campの運営元は、ブロックチェーンの受託・コンサル業務をメインに行っている会社さんで、ブロックチェーン業界にものすごく精通しています。

▼カウンセリングを受けて感じた、BLOCKCHAIN Code Campの強み

  • 運営会社でブロックチェーンの開発に従事する、ガチガチの現役エンジニアがメンターをしてくれる。
  • しかも徹底したマンツーマン指導で、即レスを厳守している。(最悪でも12時間以内には絶対返す。)
  • 受講中はDAppsの開発スキルを実戦形式で学び、4つのゲームアプリを作成できる。
  • 社会人に配慮したカリキュラムが組まれており、週10〜15時間程度の学習で習得可能。
  • 転職エージェントのサービスも提供していて、未経験からブロックチェーンエンジニアへの転職実績もあり。
    ※未経験OKな求人が200件、その中でブロックチェーン関連の求人は30件程度あるらしい

このサポート力は本当にすごいと思います。

未経験からブロックチェーンエンジニアを目指すなら、「BLOCKCHAIN Code Camp」一択だなってマジで思いましたね。

この内容で2ヶ月間:20万円は安いと思います。本当に。

自分もブロックチェーンの技術には興味があったし、その分野で色々と発信していけたら面白そうだなって感じたので、BLOCKCHAIN Code Camp を受講することにしました!

12月中盤から受講予定なので、記事とか発信とか色々できたらと思います!(•̀ᴗ•́)و ̑

悠才

ブロックチェーンに興味がある方は、「BLOCKCHAIN Code Camp」まじでおすすめです!

無料カウンセリングだけでも受ける価値アリアリですよ。

BLOCKCHAIN Code Campに無料相談する
BLOCKCHAIN Code Camp

注意

今年の11月から新しいサービスをリリースするようです。

それに伴い受講費が少し上がるそうなので、興味がある方はお早めに!

 

まとめ:未経験からブロックチェーンエンジニアを目指すなら「BLOCKCHAIN Code Camp」1択かなと!

まとめ

本記事では、未経験からブロックチェーンエンジニアを目指す方に向けて必要な情報をまとめてきました。

独学で勉強するのはかなりハードですし、転職も困難を極めることが予想されるので正直おすすめしません。

もし、あなたが本気でブロックチェーンエンジニアになりたい!と言うのであれば、BLOCKCHAIN Code Camp に通うことを全力でおすすめします。

講師・メンターがめちゃくちゃ優秀な方なので、エンジニアとしてかなりレベルアップすることは間違いなしです。

無料カウンセリングだけでも受ける価値は十分にあるので、興味がある方はぜひ!

BLOCKCHAIN Code Campに無料相談する
BLOCKCHAIN Code Camp

 

丹治

最後まで読んでいただきありがとうございました。

管理人

無料カウンセリングで色々聞いてくるので、また後日追記しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA