【これだけ】無料プログラミングスクールおすすめ3選を解説するよ

無料ITエンジニアスクール(ITTC)で15日間研修を受けたときの話

こんにちは、悠才です。

この記事にたどり着いた方は、「プログラミングを学びたい」「未経験だけどエンジニアとして就職したい」と考えている人だと思います。

ぼくも実際そうで、今年の春~夏にかけてプログラミングやIT系の基礎知識をつけるために無料で通えるプログラミングスクールを調べまくっていました。

そして金銭的な事情(東京での滞在費)と就職がマストではない(就職したくなかった)という理由から、今年の8月に無料ITエンジニアスクール『ITTC』で研修を受けてきました。

今回は、そのときの体験記とぼくなりの考察を書いていきたいと思います。

ITTCとは

ITTCは、アクシスクリエイトという会社が運営する無料のITエンジニア養成スクールです。

なぜ無料なのか?といいますと、2つの理由があります。

  1. 養成スクール=新入社員研修だから
  2. 外部からくるスクール受講生を正社員で登用するつもりだから

要するに、新入社員研修に外部の人を招いて無給・無料で勉強させ、お互いの希望が合えば一緒に働きませんか。というのがITTCというスクールになります。

普通に考えれば新入社員研修には給料の支払いが発生しますが、外部から来た人には給料を支払わなくてもいいので、ほとんどノーコストで人材を育てることができます。(交通費は2万円まで支給されます

そういうことを考えると、この無料ITエンジニアスクールという事業に対して会社にデメリットはほとんどないのです。

 

会社の雰囲気に関してですが、社員の方も講師の方もカジュアルに接してくださるので居心地は悪くありません。

ただ、来客がある度にみんなで一斉に立ち上がって「いらっしゃいませ」とお辞儀するのは全体主義的でなんだか怖いと感じますし、個人的には辞めたほうがいいと思っています。

私も始めて来訪させていただいたときはかなりの圧力を感じましたし、第一印象が「は?、こわっ」でしたから。

 

ITTCで学んだこと

▲真ん中で1人だけ体をくねらせてるのがぼくです。(笑)

参照:https://ittc.tokyo/

 

最初に言っておきますが、ITTCで学ぶ内容はプログラミングではありません。

ここは僕も盲点だったのですが、講義はネットワーク&サーバーについて学習します。

要するに、インフラ系の学習しかやりません。(ぼくはプログラミングも勉強すると思っていた。泣)

 

最初はネットワークやサーバーの基礎知識を座学で学び後半は受講生とともに実機を使って実際にサーバーを建てたり、ネットワークを構築したりしていました。

ちなみに僕の最終課題の担当は、DB(データベース)のレプリケーション構築でした。

難しそうなジゴロですが、なんてことはありません。

作業的には、相方と共にDBを2つ作り、仮想IP(VIP)を使ってメインのDBが死んでも自動的にサブDBに切り替わるように設定するといったものです。

ググりながら何とか苦労して完成させたので、できたときの達成感がすごかった。。

 

講義に関しまして、前半の内容はかなり優しく正直暗記ゲーだなと思いましたが、後半の実機演習は大変でしたね。

基礎知識が足りてない(習ってない)せいで、何がわからないのかわからないという状態。

講師の先生曰く、エンジニアなら自分で解決する力が必要で、ググればほとんどのことが解決できるとのこと。

確かに一理ありますが、15日間という短期スパンで未経験から即戦力エンジニアを本気で育てたいと思うなら、色んな事例を踏まえた技術演習を高速且つ大量にこなすべきだとぼくは思うのです。

実際ぼくの研修のときは何をすればいいかわからず、1日中作業が進まないということもありましたし。

外部から来ているぼくとしては、講師の技術ノウハウであったり実務におけるTIPSをメインで学びたかったので、無駄に時間が過ぎていくのがすごく嫌でしたし、教え方が非効率だなと感じていました。

ぼくの場合、東京に部屋を借りてまで研修を受けに来てましたから。(仕事もせずに)

あのときのぼくは就職したいというよりは、ただ勉強がしたかっただけなんです。(純粋な学習欲求)

 

もしこの研修を受けられる方がいるのなら、アドバイスがあります。

それは、分からないことはすぐ講師に質問してください。ということです。

そうしないとあっという間に研修は終わってしまいますので。

 

また蛇足ですが、受講生は交代ずつ研修日記を書くことになります。

ITTCホームページの『受講生奮闘日記』がそれです。

研修の様子がすごくよくわかるので、受講を検討している方は一度目を通してみるといいでしょう。

※ぼくも3記事ほど書いてます。

 

ITTC受講におすすめな人

講義内容により、プログラミングを学びたい方には全くおすすめできません。

実機を触ってみたいインフラ系の仕事がしたい短期間で基礎を学びたい、そういう方にはちょうどいいスクールだと思います。

受講期間も15日間でサクッと学べるので、地方在住者には受講しやすいスクールだと感じています。(東京の生活コストはかなり高いので)

また研修後はそのまま会社に就職することが可能なので、お金の無い求職中の方にもぴったりなスクールといえるでしょう。(研修後、翌月初めから就業可)

ホームページを見たらわかりますが、研修後の就職率は100%なので仕事が見つからないといった危険性も低いと考えられます。

総括して、インフラ系の職種に就きたい方、なんでもいいから早く職に就きたい方にとって、ITTCはおすすめのスクールと言えます。

 

インフラではなく、プログラミングを学びたい方におすすめのスクール!

ぼく自身、経済的な問題と勘違い、そして押し寄せる現状改善欲求が相まって、ITTCの無料エンジニアスクールを8月に受講しました。

ぼくはITセキュリティに興味をもっており、それに伴ってサーバーやネットワークの知識も必要だと感じていたので、プログラミングと並行して勉強しようと考えていました。

ですが、ITTCでは全くプログラミングを学ぶ機会がありませんでした。

これはぼくのミスなので仕方のないことですが、正直かなり後悔しています。

 

もしあのときのぼくと同じように、プログラミングを学びたいと思っている方がいるのなら、無料プログラミングスクールProengineer(プログラマカレッジ)をおすすめします

このスクールでは、インフラ系だけでなく、実践的なプログラミングも学ぶことができます。

そのうえ講義は3か月間みっちりと行われるので、エンジニアとしてしっかりとスキルを身につけることができるのです。

▼詳しい講義内容は以下の通りです。

 

エンジニアは実力と経験がものをいう職業なので、スキルをつけないと自分がやりたい仕事につくことができません。

ぼく自身も本当はプログラミング業務に従事したいのですが、未経験ということでいまはサーバーの運用監視業務をしています。

この経験を踏まえて、ぼくがもし今年の8月に戻れるとしたら、しっかりとスキルを身につけられるProengineer(プログラマカレッジ)を受講していたと思います。

インフラ系ではなくプログラミングを学びたい方は、Proengineer(プログラマカレッジ)を全力でおすすめします!


また、少しweb系の知識があり、Rubyを勉強したいという方は、実質無料でRubyが学べるポテパンキャンプがおすすめですよ!(ぼくも転職するときは利用させてもらうつもりです)



▼【必見!】既卒からエンジニア就職した僕の経験をもとに、就職・転職に強いおすすめのプログラミングクールをまとめました。ぜひ参考程度に読んでみてください~!

https://yusai.me/programming/bestschool-for-being-programmer/

 

プログラミングスクールは世の中にたくさんあるので、自分が何を勉強したいのか、将来どうなりたいのかを明確にすることがとても重要になります。

しっかりと自分の意志をもって、未来に一歩ずつ前進していきましょう。

”意志のあるところに道は開ける” (Where there’s a will, there’s a way.)

by エイブラハム・リンカーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA