未経験からエンジニア就職!
無料スクールおすすめ3選

【評判】AWSを実践形式で学ぶならRaiseTech(レイズテック)が断トツにおすすめ

RaiseTech

読者

AWSをこれから勉強したいんだけど、何から始めていいかわからない。

実践的なスキルが身について、就職支援までしてくれるスクールってあるのかなぁ。。。

そんな方に向けて、本記事を書いていきます。

結論を先に申し上げると、AWSを学ぶならRaiseTech が1番おすすめです。

本記事では、

  • AWSに関する基礎知識と学ぶメリット
  • AWSを仕事にする上で必要なスキルと知識
  • AWS学習にRaiseTechをおすすめする3つの理由

を徹底解説していきます。

RaiseTechの気になる評判も一緒にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

コーダ

今回紹介するRaiseTechは個人的にかなりおすすめのスクールです。

AWSに興味ある方は、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

RaiseTechの詳細はこちら

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

そもそもAWSとは?

AWS

AWS(Amazon Web Service)とは、Amazonが持つネットショッピングサービスの開発技術を一般向けに販売しているクラウドインフラサービスです。

クラウドインフラサービスを使うと、従来のオンプレミス(自社で機器・場所・サーバー環境を用意する方法)より効率的にプロダクト制作に取り組むことができます。

その利点から、近年では多くの企業で採用されているメジャーなサービスなのです。

 

AWSを学ぶメリット

数あるクラウドインフラサービスの中でも、AWSを学習することには3つのメリットが存在します。

  • 業界のインフラ管理がクラウド型へ移行している
  • クラウドインフラサービスでシェアNo.1
  • 情報が豊富である

以下で、1つずつ解説していきますね。

サーバー管理がクラウド型へ移行している

これまでサーバーやデータベースといったインフラの管理には物理コストがかかっていました。

  • ネットワーク機器の購入
  • サーバールームの確保・管理
  • サーバールームの光熱費
  • 担当者の人件費

自社でインフラ環境を整えることには、開発環境をカスタマイズできるメリットもありますが、場所や人件費といった多くの物理コストがかかります。

クラウド上で管理ができて、料金は使った分だけ支払えばいいAWSはコスト削減に繋がることから、積極的に移行が進んでいます。

サービスが開始した当初は、セキュリティ面を心配する企業が多かったものの、近年では金融・政府機関機関もAWSの採用をはじめました。

今では多くの企業が開発段階からクラウドインフラ環境の構築を行なっているため、専門的かつ希少なAWSエンジニアには高い需要があるのです。

 

クラウドインフラでシェアNo.1を誇っているため需要が高い

シェア2位のAzureは16件、3位のGCPはたった6件…

AWSはクラウドインフラサービスのシェア約3割を誇る業界トップのサービスです。

Microsoft、Google、IBMといった名だたる大企業もクラウドインフラサービスを提供していますが、業界でのシェアは1割かそれ未満。

フリーランス向けの求人を紹介しているレバテックフリーランスを覗いてみると、サーバー移行や新規プロジェクトのサーバー周りではAWS案件が1番豊富であることがわかります。

サービスの需要と同時にAWSに精通したエンジニアが求められているということですね。

コーダ

IT技術は変化の激しいので「これだけで食ってける」とは言いきれませんが、AWSの知識とスキルはフリーランスとして活動するときにも有利になります。

 

情報が豊富でエラーにも対応しやすい

エンジニアの仕事にエラーはつきものです。

頼れる先輩エンジニアにも、自分の仕事があるので、いつでも相談できるとは限りません。

そのため、大抵の場合には自分で「ググって」解決することになるのですが、人気のない言語はネット上に情報が少なく、自力で原因と対策を考えないといけなくなります。

コーダ

その分、AWSは情報が豊富で、解決のためのヒントがいたるところに存在するのが大きな強みですね。

 

AWSエンジニアになるために必要なスキル

30代プログラマーの紙人形

AWSエンジニアになるために必要な要素は以下の3つ。

  • AWSのサービスに対する知識
  • サービス開発における周辺環境の理解
  • 開発経験とポートフォリオ

上記3項目を具体的に解説していきますね。

AWSのサービスに対する「知識」

AWSには開発環境をサポートするサービスが90種類公開されています。

サービス名特徴
Elastic Compute Cloud(EC2)LinuxやWindowsの仮想マシンを構築、システムの実行をクラウド上で行う
Elastic Load Balancing(ELB)仮想ロードバランサーサービス。サーバーの負荷軽減とヘルスチェックを自動で行う
Simple Storage Service(S3)オンラインストレージサービス。パケットとキーを利用したシンプルなデータモデルが可能になる
CloudFrontCDNサービス。世界中に配置されたエッジロケーションからユーザーにもっとも近い場所を特定し、データを配信する
Relational Databese Service(RDS)AWSでRDBを利用できるサービス
DynamoDBNoSQLと呼ばれるスキーマレスデータベースのひとつ。データを効率的に格納できる
Rote53AWS上でDNSを提供できるサービス

これからAWSエンジニアを目指す人からすると「なにを言ってるんだ?」と感じることでしょう。

AWSには上記の他にも80種類以上のサービスが提供されており、サービスの知識だけでなく、活用するためのノウハウを身につける必要があります。

 

サービス開発における周辺知識

ひとことでAWSエンジニアといってもAWSだけでプロダクトは完成しません。

  • WEBアプリケーション開発の知識
  • チーム開発の流れ
  • バージョン管理

このような現場の知識についても理解とスキルの習得が必要です。

 

開発経験・ポートフォリオ

開発未経験でも就職できる企業はありますが、とても珍しいのが現状です。

就職活動をする際には、成果物を通してそれ相応のスキルがあることをアピールする必要があります。

そのため、実践形式で学ぶという意識がすごい大切になってくるわけですね。

 

AWS学習にRaiseTech(レイズテック)をおすすめする3つの理由

講義風景

それではいよいよAWSエンジニアを目指す上で、RaiseTech をおすすめする理由について解説していきます。

理由は大きくわけて3つあります。

  • 「最速で稼げる」カリキュラムとサポート体制
  • 運営会社が直接案件を紹介してくれる
  • 講師が現役のエンジニア

以下で、詳しく見ていきましょう。

「学ぶ」だけじゃない「最速で稼ぐ」ノウハウが身に付く

RaiseTechは学習するだけが目的ではありません。

AWSエンジニアとして最速で稼ぐための学習サービスとなっており、カリキュラムに無駄がありません。

RaiseTechを運営するエナミコウジさんもおっしゃっていますが、高い受講料を払ってプログラミングを学習するだけでは稼げません。

クライアントの求める成果物を提供できなければただの自己満足であり、費やした時間と受講料は勉強のためだけのものになってしまいます。

そうなることを望んではいませんよね?

RaiseTech は「最速で稼ぐ」ことをゴールとして掲げているので、迷う事なく市場価値の高いエンジニアを目指すことができます。

 

運営会社が卒業後に仕事を紹介してくれる

こちらRaiseTech公式サイトに掲載されている「マンガでわかるRaiseTech」の一コマ。

見るからに困っていますね、、(笑)

AWSエンジニアが希少なことから、受託開発を行なっている運営会社オークには依頼が殺到してる様子。

RaiseTech では各コース受講後にスキルに見合った案件を紹介してもらうことができます。

コーダ

受講後すぐに案件を受注することができれば、受講料もペイすることだって可能です。

 

講師は全員副業!現役エンジニアから”生”のスキルと経験を学べる

RaiseTech の講師は全員が現役のエンジニアです。

普段はエンジニアとして働いている人たちが、副業として講師業をしているので、つねに実体験をもとにした指導が受けられるのも大きな魅力。

大手スクールの中には、指導員の確保がむずかしくなると、未経験者やまだ開発経験の浅い卒業生を雇って指導させるところもあります。

そのような教育体制の良し悪しはともかく、

  • バリバリにエンジニアとして活躍している人の指導
  • 同じカリキュラムをこなして卒業したばかりの人の指導

同じ投資をするなら前者を選ぶのが正しい判断だと思いますよ。

コーダ

ぼくの受講したTechAcademy も同じ運営スタイルでしたが、やはりスキルのある講師の話には説得力がありとてもわかりやすかったです。

RaiseTechの詳細はこちら

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

 

RaiseTech(レイズテック)のコース一覧表

RaiseTechで受講できるコースは以下の通りです。

受講コースを一覧でわかるようにしたのでぜひ参考にしてください。

コース名料金期間学習内容
Javaフルコース315,000円(税抜)4ヶ月・アプリケーション開発とテスト
・自動テスト環境の構築と画面の自動テスト
・自動デプロイの実現
AWSフルコース315,000円(税抜)4ヶ月・WEBアプリケーション開発
・AWS上での環境構築
・instrucuture as a codeの実践
Javaフレームワークコース189,000円(税抜)2ヶ月・WEBアプリケーション開発と自動テスト
・画面の自動テストとCI/CDの実現
AWS自動化コース189,000円(税抜)2ヶ月・AWS上での環境構築
・instracture as a codeの実践
スマホで閲覧している方へ

上記の表は横スクロール可能です。

 

RaiseTech(レイズテック)のリアルな評判・口コミ

世間のRaiseTechに対する反応を見てみましょう。

コーダ

週1回のオンライン授業は録画されているので、あとで見返すことが可能です。横文字に翻弄されながらもしっかり受講しているようですね。

 

コーダ

会社でエンジニアとして採用されたのに、同じような業務しか任されない、単純労働しか任されないということもあります。エンジニアとしての価値を高める一環として受講されている方もいるようです。

 

コーダ

先ほどの方と同様、こちらの方もスキルアップとして受講されているようです。まだ比較的新しいサービスということもあり全体的にスキルアップ・独立・副業を目的とした受講生が多い印象でした!

 

RaiseTech のネット上の評判はかなり良いです。

驚いたのがIT未経験者に加えて、現役エンジニアの方がスキルアップで受講するパターンも結構多いということ。

運営側がしっかりとサポートしてくれるだけでなく、本当にスキルが身につくからこそ人気があるということですね。

RaiseTechの詳細はこちら

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

 

まとめ:AWSを稼げるスキルとして身に付けたいなら、RaiseTechが1番おすすめ!

本記事では、AWSの基本的な知識や学ぶメリット、AWSを仕事にする上で必要となるスキルを紹介してきました。

そして、AWS学習になぜRaise techがおすすめなのかを3つのポイントに絞って解説し、ネット上での評判もご紹介してきました。

AWSを学んだ事のない初学者でも、稼げるスキルが身につけられる!

一言でいうと、これがRaise techの大きな魅力だと言えます。

これからAWSの学習を始めていきたい方、

未経験だけどAWSエンジニアとして転職したい方、

そんな方は、RaiseTech の受講を強くおすすめします。

各フルコースでは2週間の体験期間を設けているので、期間内であれば全額返金保証が受けられます。

AWSを実務レベルで学べるスクールはほとんどないので、気になっている方はぜひ受けてみると良いでしょう。

費用対効果の高い自己投資になると思いますよ。

Raise techの詳細はこちら

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

コーダ

2週間の体験期間は嬉しい。

この制度をうまく利用して、自分に合えば受講!合わなければ全額返金してもらえばOKです。

最後までお読みいただきありがとうございました!(•̀ᴗ•́)و ̑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA